About us

当団体について

Home > 当団体について

当団体について

当団体の指導理念や年間を通じた活動内容をご紹介いたします

内海亨斗

代表プロフィール

内海亨斗内海亨斗

内海 亨斗 / TAKATO UTSUMI

国際尚武館空手道連盟代表
IJKA(国際日本空手道協会)公認6段錬士
IJKA(国際日本空手道協会)日本国主席師範
IJKA(国際日本空手道協会)公認指導員・審判員・審査員

幼少の頃より空手を始め、数々の大会で活躍。
大学卒業後、単身で海外へ渡りイスラエル・オーストラリア・ドイツなど世界各地で空手を指導。
イスラエル空手道連盟ナショナルチームにおいてコーチを務めると共にイスラエル空手道選手権で外国人として初のチャンピオンとなる。
2006年日本帰国後、横浜市を中心に空手の指導を開始。日本の伝統的な文化であり、世界で最も普及されている武道である空手を通じ、国籍、人種、宗教、年齢、性別の垣根を越えた国際交流を積極的に行う。

海外での指導風景

海外の空手道場と親交が深く、年に数回海外からの派遣要請を 受けて派遣指導に伺います。 また、海外と日本で空手留学制度を設け、日本人研修生の派遣と海外研修生の受入れを行っております。

エリーエリアフ・コーヘン

顧問

エリーエリアフ・コーヘンエリーエリアフ・コーヘン

エリーエリアフ・コーヘン

前駐日イスラエル大使

1949年、イスラエル エルサレム市生まれ。
イスラエル国立大学数学・物理学科、ロンドンテームズヴァリー大学で学びMBA取得。
マーレアドミム市副市長、国防大臣補佐、国内外の複数のハイテク企業の社長などを経て、2002~03年リク―ド党国会議員。
2004年~07年駐日イスラエル大使。
イスラエル全土に50ヵ所以上の道場を構えるイスラエル松濤館空手道協会会長を務める(空手道5段)。
現在ECアドバンスドテクノロジーズマーケティング社長。

社会活動

著者

PAGE TOP